登山 立山・剱岳

雨の剱岳

投稿日:2015年8月13日 更新日:

2回目の剱岳。
本当はバリエーションルートの八ツ峰を計画していたが、
朝テントを叩く激しい雨音と雷鳴に起こされ、こりゃあ無理やわと一気にテンションダウン。
しばらくテントの中でゴロゴロしていたが、せっかく来たので雨の中、一般ルートから山頂へ。
カニの縦ばい、横ばいはこの時期いつもは大渋滞なのに、誰もいなくてスイスイ登れる。快適な登山を楽しめた。
途中で何人か追い抜き、山頂へ到着。だれもいないのでおっさん一人で自撮り(^^;)

3日目の朝、前日とは打って変わって雲ひとつない青空。そしてみごとな剱のモルゲンロート(朝焼け)。
八ツ峰は残念だったが、これを見れただけでも来た甲斐はあった。
朝のすずしいうちにテントを畳んで出発。
気温は暑くもなく寒くもなく、気持ちのいい天気の中、立山連峰の壮大な景色を眺めながらゆっくり下山。
3年前に来た時も良かったが、今回剱岳がますます好きになった。
多分何度か来ることになるだろうと思う。

 

電鉄富山で立山へ。最初間違えてJRの駅に行ってしまいました(^^;)。

ケーブルカーで美女平へ。かなりの急傾斜を登る。

室堂。ガスガスです(T_T)。すぐに雨も降ってきました。

剣沢テント場。こんな天気なのですいてます。

気温16度。けっこう寒い。夜は10度ぐらいまで下がりました。

剣沢を下って偵察。雪渓を巻いて、夏道を下る。長次郎谷に着く前に下からガスが登ってきたので退却。

シュルンドが口を開けてます。こわ~。

二日目の朝、土砂降りの雨で八つ峰は中止。せっかく来たのに~(T_T)。このまま帰るのももったいないので別山尾根から登ります。

靴の中までぐしょぐしょです。

雨は降っているが足場はしっかりしている。滑らないよう気を付けて進む。

視界は悪いが、人も少なく快適な岩登りが続く。

平蔵の頭への登り。3年前に来た時は必死で登ったが、今回は鎖も杭もつかまずにクリアー。我ながら成長したなぁ~

通常なら大渋滞のかにの縦ばいも、誰もいないのでスイスイ登れる(´ー`)

山頂に到着!視界はゼロ!

 

だれもいないのでオッサン一人で自撮り。

北方稜線。行きたかったなぁ~

カニの横ばい。

ファイブテンのキャンプフォー(旧タイプ)履いてるので、濡れていても抜群のフリクションです。

ライチョウいたぁ~(´д`)

このときだけはザックから一眼レフを取り出して、雨に濡れるのも構わずに写真を撮りまくる。

お花。

お花。

夜のテント場。

空は満点の星空。町ではなかなか見られない。キレイですね~

遠くに雷光が見えます。

夜明け前。

剱岳(前剣?)のモルゲンロート。かっこええなぁ~

右の稜線は八つ峰か?

テントを畳んで出発。

どーんとそびえる剱岳がかっこよくて、何度も振り返って見てしまう。

お花畑。

お花畑。

お花。

剣御前小屋から。気持ちのいい風が吹いていて、しばらく休憩。眼下にはすばらしい景色が広がっている。登山やっててよかった、と思う。

早朝に、長~い下り道をゆっくり下りるのは最高に気持ちいい。

標高がさがるにつれて暑くなってくる(´д`;)。

雷鳥平のテント場まで来ました。

ここから登り。

雷鳥平と立山連峰。

火山ガスが目にしみる~(>_<)。

何池か忘れた。

ずっと見ていても飽きない景色です。

みくりが池温泉でさっぱりして帰る。

みくりが池。

室堂まで戻ってきました。

なんの鳥やろ?人慣れしてるなぁ。

-登山, 立山・剱岳

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

GW山行の準備

  2年ぶりの大峯奥駈道縦走。 予定では4日で完走ですが、念のため5日分の食糧を持っていきます。 ●主食 ・オートミール:500g ・粉末のみそ汁:7袋 ・インスタントコーヒー:7袋 ・高野 …

荒地山ボルダー+キャッスルウォールでいつものクライミング練習

芦屋川~地獄谷~キャッスルウォール~荒地山ボルダー 天気予報では晴れのはずが、晴れたり曇ったりの忙しい天候。天気が悪いとどうもやるきが出ない。久しぶりにキャッスルへ。たまには簡単なところも登っとかない …

六甲全山縦走を地下足袋で走ってみた

六甲全山縦走(須磨浦公園~宝塚)を地下足袋ベアフットランで 世間はクリスマスですが、ま、独り身のオッサンには関係ないことなので・・・久しぶりに六甲全山縦走に挑戦。 地下足袋ベアフット、地下足袋での素足 …

南アルプス 鳳凰三山

10月12日~14日、南アルプスをのんびりハイキング・・・のはずが、やっぱり今回も苦行になりました(^^;)。朝4時に南御室小屋のテント場出発、薬師岳、観音岳、地蔵岳、鳳凰小屋の下まで行って、ふらふら …

岡本バットレスのハングに完敗。

岡本バットレス~打越峠~芦屋ロックガーデン バットレス:建築用語で控壁。壁に加わる横方向の力に対して、転倒を防ぐために壁から突き出した状態の補強用の壁。 2年ほど前に、岡本バットレスというところがある …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。