大峰 沢登り

大峰の沢登り 上多古川支流(上谷、地蔵谷)~山上ヶ岳の紅葉

投稿日:2016年10月15日 更新日:

木曜の夜、窓全開でシャツ1枚で寝てしまい若干風邪気味ですが、まぁ運動して汗かいたら治るやろと思い、朝早くから大峰の沢へ。
年内にもう1本大峰の沢をやっときたくていろいろ探し、さすがに寒くなってきたのでなるべく簡単そうなルートないかと調べ、この前行った上多古川の支流「上谷~地蔵谷」が簡単らしい・・・
山と渓谷社の「関西起点沢登りルート100」によると初級の沢らしいですが、ほんまに初級かこれ?と思うところが多々ありました。確かに難易度としては難しくはないですが、「初級=簡単」という認識が間違っていたらしく、「初級=確保無しでも登れなくはないけど、落ちたら死ぬ」という感じでした(´д`;)まぁなんとか登りきって何度も歩いた山上ヶ岳コースへ。紅葉は上のほうは既に散っているところもあり、下のほうはまだまだこれから、見頃はもうちょっと先になりそうですね。

また来ました。ここのバス停で降りて上谷へ。

右手に上多古川を見ながら、林道を歩く。

学生さんたちが林業の見学をしてました。

今回は左の上谷へ。

車止めのゲートを越える。

林道終点。ここで準備します。

しばらく踏み跡を歩く。

こういうフサフサ(苔?シダの仲間か?)の上を歩くと、足の裏がすごく気持ち良いんですよ。踏んでも地下足袋なので自然へのダメージも少ないはず・・・

この橋のところから沢に入る。

ちょっと寒いので、出来るだけ水に入らないように・・・

とはいってもけっこう濡れますね。

木を針金で括って、堤防のようにしてますね。

迫力のあるナメ滝。これ真夏に来たかったな~

濡れたくないので横のスラブを行く。

大きめの滝。約8m。

右岸を高巻く。

キクラゲか?

続く滝も右岸から高巻くが・・・

高巻き途中から。この後かなり怖い思いをすることに・・・
濡れ濡れとドロドロの急登でした。

高巻きの上、壁に出て右(滝のすぐ横)はほぼ垂直、左はやや傾斜が緩いが泥+もろい岩。

ロープ出すのが面倒なので荷物背負ったまま左からずり上がる。

なんとか橋のところまで降りてきた。ここも道が不明瞭なので一旦右岸を大きく高巻いて・・・

 

ここから。残置ロープが信用できないので自前のロープで懸垂下降。

しばらくは登りやすい滝が続くが・・・

滝の横を登るところ。ハングになっていて上はほとんど手がかりのない濡れたスラブ。もし滑ったら数メートル転がり落ちて滝壺へドボン。どうすんねんこれ・・・

重いザック背負ってだと無理なので、ザックを下ろしてロープを結び、先に上がる。

全身を使ってズリズリずり上がりました(´д`;)

石にスリングを掛けて懸垂下降、ザックを荷揚げ。

ポタポタ雫が落ちてくる滝。とてもきれいでした(^^)

続く滝は左から高巻く。滝の上に水しぶきがモワ~と水蒸気のように立ち込めてます。

上が1条、下が2条の見事な滝。ここも右から高巻いて、途中から滝の横を登るが・・・

滝の横はスラブ状です。

濡れたスラブは本当に神経使います(´д`;)。

滑ったら転げ落ちて滝壺にドボンです。

ここの大岩の下をくぐるらしいですが、間違いなく全身ずぶ濡れになりようなので・・・

上から越えて倒木に下りる。

来ました!牛呼滝です。3段35m、滝の中に風洞がある、珍しい形をしています。

どうやってこんな形になったんでしょうね。

穴の右から登れるらしいですが、もちろん止めときます(^^)

少し戻って左から高巻くが、ここも結構悪い道でした。

途中、足場のない壁にハーケンが打ってある場所がありますが、

こんな感じに長めのスリングを上の木に引っかけて、スリングを掴みながら上がると楽に登れます。

登ってきたところ。滝の高巻きといってもほぼ垂直。

上まで上がると水平のしっかりした道があり、なんか有りえないものを見た感じがしました。

牛呼滝の上から沢に戻る。

錆びた一斗缶。何の用途か不明。

朽ち果てた植林小屋。ここから左の地蔵谷へ。膝ぐらいまでの渡渉あり。

深そうな釜の滝。左から高巻く。

もうしんどいので、出来るだけ道を歩きます。

何かの機械の部品?

最近は沢の水を飲むのも平気になりました。まぁキレイな沢限定ですが。

もうかなり疲れてきました(´д`;)。

今回も大活躍のゴルジュライト。冬山でのピッケルのように、沢登りはもうこれなしでは行けないですね。

大きい滝にぶち当たる。左は絶壁、右から高巻けそうですが・・・

右のズルズルのザレ場を登るとこちらも絶壁、右へとザレ場の上を四つん這いでトラバース、そこから上へよじ登る。途中で右にも大きな滝が見えます。

急登から左へ進むと踏み跡が。

途中、濡れた場所を横断、さらに踏み跡は続く。

少しずつ高度を下げて沢に下りてきました。ふーやれやれ(´д`;)

4段ぐらいの滝。

4段目は強烈にハングしてるので右から高巻く。

水は左のルンゼから流れてきてますが、遡行図ではこの大ゴーロ地帯を登るらしいので行きます。

足元フラフラです(´д`;)足が上がらへんようになってきた。

テープが出てきた。ゴールは近いか?

ようやく着きました~。アスカベ平です。平面が広がってるのでどこでもツェルトが張れる!

すぐに伯母谷覗にでました。

 

絶景です~

横から見るとこんな感じ。

いい時間なのでツェルトを張る。立派な寝床が出来ました(^^)

晩御飯を食べたら、疲れたのでちょっと早いけど寝ます。いつものダウンを着てゴロ寝スタイル。シュラフ無し、寒くなったら足をザックに突っ込みます。

山の夜は長い。普段考えないような事を色々考えてしまいますね・・・

朝食。最近オートミールにハマってます。

ガスってる(´д`;)

紅葉はもうちょっと先やなー

阿弥陀ヶ森へ。

根元から抜けてる巨木をくぐる。

森っぽいところ。

女人結界門。ここから先オッサン100%。

苔をアップで。

こういう道を歩いてると、あぁ大峰に居るんやなぁと思いますね。

小笹宿でちょっと休憩して水を補給。

これは理源大師の像やったかな?

この前登った阿古滝谷の出口です。

尾根道を歩く。

こういう根っこから抜けた巨木がけっこうありますね。南奥駆道にもあったな。

大峯山寺に到着。

熊「多数」出没らしいです。

大峯山寺の門。

宿坊。

一部紅葉してます。

西の覗へ。

紅葉はまだか。

左側は結構紅葉してる。

右の絶壁。

そびえ立つ岩。

この辺りはどこを撮っても絵になるなぁ。

鐘掛岩の上へ。

ちょっとガスってますが。

そこそこ紅葉してます。

陀羅尼助茶屋。いい雰囲気ですねぇ。

洞辻茶屋は閉まってました。

ここの水はちょっと飲む気がしないな。

やっぱり天気がいいと紅葉もきれいやなー

無事に清浄大橋に下りてきました。お疲れ~

 

-大峰, 沢登り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

大峰の超藪山へ・・・

相方から「おもしろいところあるから行こうや~」と連絡があり、聞くとハイキング程度のバリエーションルートで、ヘルメットもいらんところだと言うので着いて行くと・・・   最初から道がない。植林の …

ハチノス谷(六甲)のハチノス大滝登攀に挑戦!

ハチノス谷~長峰山~摩耶山 © OpenStreetMap contributors 今年も残りあとわずか、冬山トレーニングでボッカもしたいしアイゼントレーニングもしたいし、クライミングもし …

摩耶山 ハチノス谷でおぞましい光景を目にする・・・(T_T)

まいにち暑い日が続きますが、こんな暑いときは尾根歩きよりもやっぱり沢ですね!今回はハチノス谷で15m2段の滝とハチノス大滝を両方登ってやろうとカム、ナッツ、ハーケン、アブミなどフル装備(21kg)で行 …

石楠花谷(裏六甲)で沢登り

9月になってちょっと涼しくなりましたが、まだまだ暑いので2週連続で裏六甲の沢登りです。大池地獄谷とどっちにしようか迷いましたが、今回カメラの防水テストもしたかったので泳ぎのある石楠花谷に行ってきました …

大普賢岳 シェークスピアの氷瀑

ワサビ谷~シェークスピア氷柱群 <アクセス> 大和上市駅からやまぶきバスで大迫ダムへ。そこからワサビ谷まで徒歩。 途中1kmほどの長いトンネルが3つありますが、歩道があります。 前から行ってみたかった …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。