クライミング 六甲

堡塁岩

投稿日:2017年5月27日 更新日:

GW山行から帰ってすぐに風邪をひいてしまい、一度はよくなったものの無理をしてこじらせてしまって、治るまで2週間以上かかってしまった・・・
で、ようやく体調も戻ってきたし、痛めてた指も大丈夫そうなので天気も良いし、久しぶりの保塁で岩登り練習。
が、全然ダメダメでした(´д`;)指に力は入るのに、ここぞというときの踏ん張りが効かなくて落ちまくり。まだ体力が戻ってないからか?昨日の筋トレ疲れか?とにかく今日は練習にならないので、こんな日は無理をせず散歩に切り替え。掬星台までの散歩→山寺尾根から下山。

<以下メモ>

中央クラック。最初に間違って左にいってしまい、戻れずにロープにぶら下がる。縦のクラックに指先しか掛からないが、レイバックで上に上がるのが正解だと思う。

中間で左手カチで持ったあと体が持ち上がらずにロープにぶら下がる。右の出っ張りから上がったほうが無難。

 

久しぶりの油こぶし。

さすがにこの時季、両側から草がワサーっと迫ってきます。

子供のころはこういうの食べたり、花の蜜吸ったりしたなー。今はしませんが。

今日も良い天気ですねぇ。

淡路島もよく見える。

階段がしんどい・・・体力落ちてるなー。

休憩所。

新緑のハイキングコース。

保塁へ。

懸垂支点までフリーで下ります。

保塁岩からの眺め。天気良いけどちょっと寒い。

1本目、中央クラックルート。半年ぶりに登ったら全然あかん(´д`;)

2本目、凹角ルート。ここはさくっと登れます。

高度感あります。

どうも気合いが入らない・・・

クライミングシューズをずっと履いてると痛いので、ハイパーVソールのたびぐつに履き換える。底のゴムが柔らかすぎて思ったよりも滑る。ちょっと期待外れやったな。

今日は調子が悪いので、こういうときは無理をせず、クライミングから散歩に切り替える。

穂高湖の道のへん、木が刈られてスッキリしてました。そういえば油コブシも、六甲最高峰もスッキリしてたな。

アゴニー坂を登る。

掬星台に到着ー。

ちょっと休憩。

そういえば掬星台って700m無かったんですねぇ。知らんかった。

しんどいけど、登ったら下りないといけない。久しぶりに山寺尾根から下ります。どこから下りるのか忘れてて、しばらくうろうろしてました(^_^;)

山寺尾根は5年ぶり、ぜんぜん記憶に無い道なのであれ~こんなとこやったかな~?と思いながらどんどん下りる。

杣谷の道に合流。ここまでずっと下りなので膝にきますね。

ちょっと早いけど終了~

-クライミング, 六甲

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

六甲全山縦走(逆走)

山では想定外のことがよくありますが、この日は特に予期せぬ出来事が多い日でした・・・ 先週結構暖かかったので、これからもっと気温が上がって沢に入り放題だと思ってたのが、急に冬に逆戻りしたかのような寒さに …

六甲山バリエーションルート 五助谷~芦屋ロックガーデン

五助ダム~五助谷~ガーデンテラス~芦屋川 あったかくなる前に六甲山の上級コースを一通りやっとこうかと思い、先週の水晶谷に続き今回五助谷に行ってきました。思ったよりハードなコースでした。   …

岡本バットレスのハングに完敗。

岡本バットレス~打越峠~芦屋ロックガーデン バットレス:建築用語で控壁。壁に加わる横方向の力に対して、転倒を防ぐために壁から突き出した状態の補強用の壁。 2年ほど前に、岡本バットレスというところがある …

百丈岩 中央稜右クラック+左ルンゼ

またまた百丈岩でマルチピッチクライミング。 前回やり残した中央稜(ローソク岩)の左ルンゼ、右クラックと、東稜のハングを寒くなる前にやってしまおうということでやって来ました。 まずは下部岸壁をサクッと登 …

ハチノス谷(六甲)で大滝登攀

1年に1回か2回、突然やる気になる「ハチノス大滝登攀」。そして返り討ちにされる・・・ ハチノス大滝、高さ約20m、上部のハングより上が10mほどあり合わせて30mぐらい。3段に分かれ、全面ヌルヌル。1 …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。