クライミング 六甲

岡本バットレス

投稿日:2017年6月18日 更新日:

前回3月に岡本バットレスのハングに初挑戦したが登れず。あれから3ヶ月たってちょっとは成長したような気がするので、本格的に暑くなる前に再挑戦。ところが、ハングの上に手を伸ばしてホールドをつかむと土で埋まってる!ここは岩場の上が土の急斜面で、上からパラパラ落ち葉や砂が降ってくるから手入れされてないとこうなるんでしょうね~。

土をかき出して洗って乾かしてじゃないと登れんなぁ。面倒くさいのでやらないけど。どこかの会がやってくれへんかな・・・
とにかくホールドが持てないんじゃしょうがないので真ん中のハングを人工登攀で。フリーではちょっと無理そうだったので。昨日に続いてアブミの練習は十分すぎるほど出来た。

今回登ったルートの右にある、大きいハングの左右もハーケン、ボルトが打ってあったので登れそう。次回の課題。保塁の大ハング左も一回やってみよかな。

 

阪急岡本から川沿いに歩いて、八幡谷から登る。

ここが岡本バットレスの取り付き部分。ロープがありますが、かなりの急傾斜です。

トラロープの上は古いロープあり。途中ロープのない部分は木から木へ飛び移るように移動する。

で、岡本バットレスに到着。ここのハングはカッコいいですね。

到着してすぐ蚊にたかられる(´д`;)こんなとこめったに人が来ないから久しぶりのごちそうなんでしょうが、こちらもパワー森林香で対抗。 風で流れるからあんまり効かないけど。

左の踏み跡から上へ。

この登りもきつい。落ち葉が積み重なって落し穴状態になってるところもあるので注意。

ロープの木を登ったあと、木登りしつつ正面の岩に取り付き、右へ抜けると懸垂支点へ。

落ち葉の下が地面ならいいけど、もし空洞ならそのまま滑り落ちて岸壁を転がり落ちる危険があるので怖い。

上まで行ったらロープを付けて下降。

下りる途中でロープと岩に指を挟んで負傷!登る前からこれですわ(´д`;)

まずは左のハングから。ホールドに手をかけると、土で埋まってる(゜o゜)ホールドを持てない以上登れないので、一旦下ります。

さてどうするか・・・

真ん中のルートに古いハーケン、ボルトが打ってあるので、アブミで登れそうです。

アブミを掛けて登る。

ここのリングボルトが完全に錆びてて折れそうで怖かった~
リングが割れてもいいように、ナッツも持っとかなあかんなー。

その上はペツルのボルト?これなら乗っても安心。

膝が壁にガンガン当たって痛い(T_T)

乗り越えました!

ハングの上へ。

スラブ地帯へ。コケ、アリの行列など障害がたくさん。

なんとか登りきった(´д`;)

この下降路がまた大変なんですわ。

戻ってきました。

今回登ったルート。左はホールドに土が詰まってムリ、右のアブミルートで登りました。

シューズの中までドロドロに。

下ります。落ち葉でズルズル滑ります。

ロープのないところは木にスリングを引っ掛けて降りる。

ようやく一般道に戻ってきました。ここまで来るとホッとします。

と、ここで昨日の男性とまた会いました。よく会うな~

途中、このへんの木のベンチやプレートを作っているおっちゃんの話とかしながら横池までご一緒する。

雌池はあいかわらず睡蓮がポツポツ咲いてます。

横池は睡蓮でいっぱいです。

風吹岩。暑いので立ち寄らず。

真夏やん。

山登るにはいいけど、水不足が心配。

下山~

-クライミング, 六甲

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

六甲全山縦走(逆走)

山では想定外のことがよくありますが、この日は特に予期せぬ出来事が多い日でした・・・ 先週結構暖かかったので、これからもっと気温が上がって沢に入り放題だと思ってたのが、急に冬に逆戻りしたかのような寒さに …

六甲紅葉谷~白石谷でウッドストーブを試す

久しぶりに紅葉谷~白石谷へ紅葉を撮りつつ、様子見に行ってきました。 紅葉はちょうど見頃。人が少なくて良い雰囲気です。ちょっと寒いので休憩時の防寒着がいりますね。 お昼は自作ウッドストーブでギョウザ+焼 …

夏本番、猛暑の荒地山へ・・・

梅雨も明けて夏本番、一番暑い季節になりましたが、いつものように荒地山へ。 今回は相方も一緒。   朝の芦屋川。まだ涼しい。 地獄谷へ下りて、左のガレ場を登るとすぐにゲートロックの崩壊地へ。 …

六甲山バリエーションルート 五助山

五助山~六甲山最高峰~芦屋川 今回初めて五助山を登りました。思ったより道がはっきりしているし、ペンキも付いているので迷うことなく登れました。天気も良いし、気持ちのいい尾根ルートでした(^_^)。 &n …

桜満開の芦屋川~地獄谷の奥へ

芦屋川~地獄谷~風吹岩~荒地山 虫の少ない時期にマイナールートを行っとこうと思い、今回は地獄谷の奥へ行ってきました。 小滝が連続しているのは下流と同じですが、下流よりやや難しいぐらいで、なかなか楽しめ …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。