クラシックギター

今日のギターレッスン 音楽についていろいろ・・・

投稿日:2017年3月18日 更新日:

人間は基本的に、自分に理解できることしか理解できないと思う。例えばいくら理論的に説明しても、ベースになる生活環境、国籍、常識などが違えば共通の認識が異なるのでわからないだろう。理解できない人には出来ない。では、理解できないことを理解するにはどうしたらいいか?ましてやそれが理論で説明出来ない、音楽の感性の問題としたら?

普遍的な人間の感覚に基づいた、音楽の感性というのがあれば、それを言葉で表現出来れば、あるいは?またそれがあったとしても今までの常識、上辺だけの音楽感に埋もれている感覚を掘り出す方法としては?間違った情報も聞き続ければ洗脳されるように、正しい音楽を聴き続けて感性を磨くしかないのか?

音についてはyoutubeで発信出来るが、いかんせん音質的にいまいち。どうしても間に一枚壁を挟んだような音になる。ハイレゾ音質での配信も、まだ一般的ではない(視聴者側にもハイレゾ対応の設備がいるし)

空気感(ライブ感)というのはなかなか伝わらない。

今日のレッスンはそんなことを考えさせられました・・・

 

-クラシックギター

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

クラシックギター動画撮影に行ってきました

本日はお日柄もよく・・・島崎陶人先生のホームページ用のクラシックギター動画を撮影しました。 メンバーは島崎先生、私、見学者1名、監督1名。   いつもはカメラを三脚固定ですが、今回は手持ちで …

no image

クラシックギター曲 ヴィラ・ロボスの1番

次のレッスン曲もベースラインの強力な曲をやろうと思う。 まず候補として思いついたのはヴィラ・ロボスの1番。文句なしにベースのはっきりした曲。というかベースが主旋律。 続いてロンカッリの2曲(曲名忘れた …

no image

ヘンデルのサラバンド

山小説で有名な、新田次郎の「剱岳・点の記」の映画中で登頂シーンで使われた曲。映画ではギターではなくオーケストラ版ですが、曲の壮大さと悲壮感がちょっと違和感がある。実際誰も犠牲者が出てないし(一人ケガし …

クラシックギターレッスン(3月4日)

いつものように夜9時半過ぎからギターのレッスンへ。先週の続きでヴィラ・ロボスの練習曲1番。譜面がややこしい!何書いてるかわからへん!でも指使いは超簡単でした(^^)しかも曲もカッコいい。前半は重苦しく …

今日のギターレッスン:ヘンデルのサラバンド

  今週末はあいにくの雨模様なので登山は無し!暖かいので近所の六甲の沢をワサワサ這いまわりたい気分でしたが、まぁ、雑用が溜まっていたのでちょうどいい。家で仕事をする。いままで自分のやってきた …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。