クライミング 六甲

百丈岩中央稜正面(アブミルート)

投稿日:2018年5月26日 更新日:

この日はクライミングパートナーが用事があるというので、一人で百丈で練習。

駅前の売店でもらった中央稜正面のルート図を見てからずっと気になっていたので、挑戦してきました。

 

下部岸壁は適当に登る。

環付きカラビナが足りんかった・・・カラビナどこいったんやろ。

1本懸垂するとき、7mmスリングだとマッシャーではゆるゆるで効かない。

ザックを背負って、アッセンダーで登り返し。

前にそびえる中央稜。後で登ります。

近寄って見る。結構傾斜がきつい。

見るからに脆い感じ。

狭い間隔でリングボルトが打ってある。

 

まずは東稜から上まで登る。簡単なので落ちることはないが、落ちたら大けがです。

終了点の木。

落差60mって、結構高度感あります。

中央稜の上へ。

ここから下りる。リングボルト錆びてるけど大丈夫かいな・・・

中間のボルトはリボルトしても終了点はそのままか(´д`;)

そして下降。

ここで忘れ物するとものすごく面倒くさいことになるので忘れ物が無いように。

下まで下りてきました。途中ハングも何個かあったな。

60mと書いていたので50m+30mを繋いで下りたけど、結局50mだけで足りました。

アブミ2個装着して、登攀開始!

ボルトはリボルト済みなので安心して乗れます。

ゆっくりゆっくり登ってます(^^;)

終了~

ここ1本で1時間近く掛かった(^^;)時間かけ過ぎやなー

帰り道から中央稜がよく見えます。ここ登りました。

こんなイメージ。

道場、武田尾付近はトビが多い。表六甲ではあまり見ないのでうらやましい。

 

 

 

-クライミング, 六甲

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

百丈岩東稜 ソロアイゼン登攀

百丈岩でアイゼントレーニング+ソロシステムの練習。 東稜自体は簡単なルートですが、登って下りて登り返すので同じルートを2回登り、アイゼンで登ってるのもあってガッツリ登った感があります(^^) &nbs …

落石だらけの堂満岳中央稜

関西では数少ないアルパインルート、堂満岳中央稜。雪がしっかりついていれば登りやすいらしいが・・・   駐車場前。雪なし! 3段堰堤を越える。雪はしっかり締まっている。 落石だらけ・・・ ルン …

荒地山ボルダー+キャッスルウォールでいつものクライミング練習

芦屋川~地獄谷~キャッスルウォール~荒地山ボルダー 天気予報では晴れのはずが、晴れたり曇ったりの忙しい天候。天気が悪いとどうもやるきが出ない。久しぶりにキャッスルへ。たまには簡単なところも登っとかない …

柔らかいシューズではもう限界、なのでイボルブのシャーマンを購入。

先日常連さんに「そのシューズ大きないか?踵あまってるやん!」と指摘されるまで全然気付かなかったが・・・やっぱりユルユルのシューズじゃ駄目ですね。今まで履いてたファイブテンのアナサジですが、足が痛くない …

芦屋地獄谷~キャッスルウォールでリハビリ山行

先週、左手の中指+薬指と右手の薬指を痛めてしまい(軽くパキった?状態)ここ数日ほとんどトレーニング出来て無かったんですが、ちょっと痛みがマシになってきたのでリハビリ目的で芦屋地獄谷~キャッスルへ。 芦 …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。