クライミング 六甲

プロペラ岩のハングでアブミ練習

投稿日:2017年6月17日 更新日:

先週アブミの最上段にもう1段つけ足したので、さっそくテストに。近場でハングのあるところというと、ホワイトフェイスかプロペラ岩になるが、ちょっと歩いたほうがいいのでプロペラまで行ってきました。
プロペラ岩のハング、幅2mほどあり、錆びたボルトがいくつか打っていてリングボルトにアブミを掛け替えながら登っていきますが、次のボルトまで距離があるところはアブミの最上段に立たないと届かないので、壁を蹴りつつ最上段に立つ練習ができました。

以前はとてもこんなところ登れないと思ってたのに、成長したな~

しかし梅雨だというのにすでに真夏日、どこもかしこも暑すぎて登る気になれず・・・こんな日は沢登りのがいいなーそれか日影のある岩場か。やっぱりホワイトのがよかったかな。

 

ここに来るまで城山の分岐の当たりで、たまに会う男性と再会。

久しぶりに途中まで一緒に行きましょうということで、地獄谷から。今日は団体さん多いです。

小便滝の堤防を越えてその先へ。途中から一人付いてきて、また途中で道迷いの人を拾って合計4人になる。後から加わった二人はその後ピラーロック方面へ。

風吹岩にでました。

キャッスル。ソロの男性が一人。

岩梯子を上る。

サンデーモーニングの前。

みーちゃん痩せてる・・・食べ物もらってないんか?

いったん荒地山へ出てから左へ降りて、Pのところから。

プロペラ岩に到着。

ここで休憩中の男性と色々話して、今度一緒にクライミングしましょうという話になったが、ずっとソロでやってきたのでビレイのやり方をすっかり忘れているので、また調べなあかんなぁ。

プロペラの下まで懸垂で降りて、まずはハングまで上り返す。

ハングは幅2mぐらいあって、フリーだと無理。古くて錆び錆びのリングボルトが複数打ってある。

時代を感じさせる、錆びてボロボロのボルトにアブミを掛けて乗り込む・・・

リングボルトもリングが錆びて折れそう(´д`;)。

リングが外れた場合、残ったボルトにナッツのワイヤーを引っ掛けるやり方があるのでナッツも持っとかなあかんなぁ。

足場に立ってるのではなく、フラフラしてるアブミに乗ってるので、変な浮遊感がある。

できるだけアブミに掛けた足の上に座るようにして、反対の足を壁についてバランスをとる。フィフィで休憩しながらなので疲れることはない。

最後のリングボルト。

乗り越えました。結局カムいらんかったな。

荒地山まで登り返す。山頂は昼食中の人が沢山いたので写真は撮らず。

宝寿水で水を補給。

水場の下、ユキノシタがちょっとだけ咲いてました。

今日も暑かった~

 

-クライミング, 六甲

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

台風一過、ハチノス谷へ

久しぶりのハチノス谷。最初の踏み跡に入るところからクモの巣だらけなので、ここしばらく誰も入って無かったみたい。 この日の服装は 上:ホームセンターの長袖シャツ+綿の半袖シャツ 下:速乾性の下着+ホーム …

保塁岩

9月も半ば。まだまだ残暑が厳しいかとおもいきや、思ったより涼しく岩登りには丁度いいので、久しぶりに保塁岩へ。 今回は、いつもノーテンションで登れたことがない中央クラックを確実に登れるようにするのが目的 …

荒地山ー道畔谷中俣から

いい天気なので道畔谷中俣から荒地山へ。 すっかり涼しくなって山登り岩登りに最適な季節だが、人間にとって気持ちのいい気候は虫たちにとっても同じこと。猛暑が過ぎてさらに活発になった無数のクモ、蚊の歓迎をう …

六甲全山縦走で限界に挑戦!

須磨浦公園~六甲全山縦走~宝塚折り返し © OpenStreetMap contributors 登山家・故加藤文太郎、通称「地下足袋の加藤」は一日で六甲全山縦走を歩き、その日に歩いて須磨ま …

荒地山で猫と戯れる 岩登りも。

久しぶりの荒地山。今日の目的は、 ①新しく編んだわらじの慣らし ②みぃちゃんと戯れる ③鯨の頭に挑戦 の3つ。わらじを履いて登るため、ちょっと人目が気になるので人の少ない道畦谷第二東尾根から登る。尾根 …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。