道具

沢装備を見直す

投稿日:

夏はTシャツにタイツ一枚でも問題ないが、寒くなるといろいろ装備を考えないといけない。保温性、水切れの良い物を着ないとへたをすると低体温症になりかねないし。

 

まずは今までの沢装備。(夏~秋用)

<下半身>

・ユニクロタイツ

・ノースフェイスのストレッチズボン

・ダサいヤッケズボン(ガムテープで補修)

<上半身>

・自衛隊の長袖シャツ

・モンベルのジオラインシャツ

・ダサいヤッケ上着

 

ダサいヤッケは茶色でかなりダサく、しかもズボンは穴をガムテープでふさいでいるのでさらにみすぼらしくなっている。

人の少ない沢をこそっと登るのはいいが、稜線に出て人の多い山頂まで行くとなると恥ずかしいのでこれ以上着るのは限界。オシャレヤッケに変更。

 

自衛隊の長袖シャツは保温性はそこそこあるが、濡れっぱなしだとやっぱり寒い。ユニクロタイツも薄すぎるので論外。

で、ネオプレンなど新たに買い直すのは簡単だが、ヘタなものを買って後悔するのは嫌だし、まずは今持っているものを組み合わせていけるか考えてみたところ、冬山用のメリノウールや裏起毛のタイツが使えそうな感じ。考えてみればネオプレンの無い時代の人は沢でもウールを着ていたはず。しかしウールは保水して体が冷えるだろうから、一番下に着るものだけは撥水の良いのを買った。

そういうわけで次のように変更。

 

<下半身>

・ファイントラックのアクティブスキンタイツ(購入)

・モンベルのクリマプラスのズボン

・オシャレヤッケズボン(購入)

<上半身>

・ファイントラックのアクティブスキン長袖(購入)

・モンベルのメリノウールシャツの一番分厚いやつ

・モンベルのジオラインシャツ

・オシャレヤッケシャツ(購入)

 

アクティブスキンは撥水で汗戻りがしないらしく、沢で使っている人も多いらしいしかも冬山でもつかえるので、もし沢をやらなくなっても使いまわしが出来るので購入。

問題なのが中間着。冬ならフリースを重ね着になるが、変なもの着ると保水して逆に寒いので、これは今後の課題。

 

ザックにも穴を開けた。

オスプレイのバリアントに開けようかと思ったが、2万円する高級品に穴を開けることは貧乏人の俺には無理であった・・・なので、トレラン用のペラペラザックに開ける。容量は15Lと小さいが、日帰りなら水と行動食ぐらいなので問題なし。

ハトメと工具はホームセンターと100均で購入。前のポケットの底に2か所、後ろのポケットの底に2か所開ける。

 

しかしこんな時季まで沢登りをするとは思ってなかったなぁ。

まぁ今後は岩の予定も入ってるから沢に行く機会は減ると思うし、秋のアルパイン遠征もあるし、そろそろ冬山トレーニングもしないとなぁ。

 

-道具

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ダブルアックス用リーシュをスリングで自作

ダブルアックス用リーシュ、買うと5、6000円ぐらいしてお高いので、ネットで調べると自作しているかたがけっこういらっしゃいます。 本当は年末山行の前に作ろうと思ってたんですが、去年の11月に大阪の某山 …

ツェルトの防水対策

前回の大峯奥駈道の2日目で雨に降られ、一晩中横殴りの霧交じりの風がツェルトに吹き付け、中までぐしょぐしょ、着ていたダウンもびしょ濡れに。前回雨に降られたのはたしか5年以上前に氷ノ山の山頂だったが、その …

アブミの改良

先週の滝登りで、核心のハング越えでハーケンにアブミを掛けて最上段に乗ったのはいいが、まだ高さが足りなかった。考えたらアブミのフックの位置から最上段まで40cmも離れている。実際乗り越える距離はフックか …

ハイパーVソールの上履き

クライミングシューズって、ものすごいキツいんですね。いや、緩いシューズでもいいんですが、やっぱり難しいところを上るにはキツいシューズを履くことになります。足の指が折れそうな痛みを我慢して登ることになる …

わらじの編み方(沢登り用)

沢登りを始めたころはフェルトシューズを買おうか悩みましたが、六甲の沢なので水量も少ないし、もしかしたら1シーズンやってみて飽きてやめるかもしれないので出費を抑えるためにわらじを編んでみたんですが、これ …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。