冬山登山 比良山系

堂満ルンゼでラッセル地獄

投稿日:2018年1月7日 更新日:

前回ラッセルしたのは、数年前に西穂高岳に行ったとき(天候不良で敗退)

去年の年末にアルファルンゼに行ったが、そんなにガッツリというほどでもなかったので、ラッセル訓練で有名な堂満ルンゼでいやというほどラッセルしてきました(^^)。
中央稜分岐から先はトレース無し。つぼ足では腰近くまで埋まり(傾斜があるところは胸まで埋まる雪)全く進まず、ワカンを履いてようやく膝上まで埋まりながら進むことができる。雪を手で崩し、膝で乗り込み、足で踏み固める・・・延々それの繰り返し。稜線に出る手前で2人追いかけてきたのでそこからは3人で交代してラッセル。

ラッセルにも飽きたころ、開けたところで左の稜線に取り付くが、アイゼン登攀になる。岩に薄く雪が積もっている登りにくい。

稜線に出るとまたラッセル。その後堂満岳山頂に到着。そこからは歩きやすい道で金糞峠から下山。

 

琵琶湖からご来光。

比良のモルゲンロート。

このへんの駅は座布団がある。

のどかな田舎道を歩く。

水の枯れた田んぼに鳥がいる。撮りたいが、小さいカメラなので諦める。

雪道を歩く。

大山口。

左に大きな堰堤があるので右から越える。

ここ、左の踏み跡を辿って中央稜に行ってしまったので戻ってきて、右のルンゼに入る。トレースは無い。

中央稜取り付きがわかったのでここは次回行ってみよう。

腿まで埋まるフカフカの雪(´д`;)雪の中を泳ぐように進む。

滝。トラロープあり。

雪が中途半端についてちょっと怖かった。アイゼンでガリガリ登る。

つらら

ツボ足でラッセルするが、腰ぐらいの雪で一向に進まない・・・

ワカンに履き替える。3年ぐらい前に武奈が岳で使って以来。

膝まで沈むが、何とか進める。

ゴルジュに入る。途中、滝を越えるのにワカンでは難しかったが、雪を固めて足場を作って超えた。

ゴルジュを抜ける手前で後ろを振り返ると、二人上がってきた。大阪の山岳会の方だそうです。

ここからは3人で交代ラッセル。

上までラッセルするのが面倒なので左の尾根に上がろうという話になり・・・

ここを上がってきました。草の下が岩でアイゼンが刺さらず、ずり落ちそうでヒヤヒヤしました。

景色は最高!

尾根を歩くが、ここも雪が深い。

山頂に到着!お二人とはここで別れて金糞峠へ。

踏み跡あり。歩きやすい!

雪庇が発達しています。

金糞峠。ちょっと休憩してから下山。

下りてきました。

ちなみに、比良駅には自販機がないので飲み物は外で買わないといけないようです(^_^;)

-冬山登山, 比良山系

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

八ヶ岳バリエーションルート阿弥陀岳北稜~赤岳~横岳~硫黄岳

明けましておめでとうございます。 今年最初の山行は、八ヶ岳バリエーションルート・阿弥陀岳北稜をソロでやってきました。 久しぶりにガッツリ登った感のあるルートでした。 八ヶ岳の冬+残雪期は4回目ですが、 …

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜+北稜、赤岳~硫黄岳周回(2日目)

八ヶ岳 阿弥陀岳北稜~赤岳~硫黄岳周回~行者小屋 八ヶ岳阿弥陀岳南稜の2日目。この日は南稜から登頂、ついでに赤岳まで登って行者小屋のテント場まで降りてきました。   おはようございます。元旦 …

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜+北稜、赤岳~硫黄岳周回(3~4日目)

おはようございます。 3日目の朝。朝食は昨日と同じ、オートミールとペミカンとみそ汁・・・ まぁ慣れればおいしいもんですよ。   北稜の取り付き、複数踏み跡がありますが上の沢の分岐から入ったほ …

八ヶ岳 阿弥陀岳北西稜、赤岳主稜

明けましておめでとうございます。 2018年最初の山行は、八ヶ岳バリエーションルート 阿弥陀岳北西稜+赤岳主稜に行ってきました。 西高東低の気圧配置でだんだんと天候悪化。1日目の夜に雪がふり、岩に薄く …

冬のダイトレ散歩

初めてのダイトレ。で、2回目の金剛山。 景色の変わらないハイキング道。やっぱり岩場がないと面白くない(>_<) 霧氷はキレイでした。 お寺。 犬。 かまくら。 ちっさ! お不動さんも雪かぶ …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。