冬山登山 槍・穂高

西穂高岳(独標まで)

投稿日:2014年12月31日 更新日:

あけましておめでとうございますm(__)m。2015年最初の登山はテン泊2泊で西穂高岳独標(2701m)まで。
冬山フル装備+ロープ(30m+20m)+懸垂下降の道具やらで約26kg。ロープは使わんかったけど。
1年ぶりの冬山(テン泊は2年ぶり)で、残念ながら悪天候のため山頂まで行けませんでしたが、まぁまぁ満足です。

今回非常に反省点が多かったので、忘れないための記録。
・ヘルメットを被るとハードシェル(モンベルのダイナアクションパーカ)のフードを被ったときに前のファスナーが顎までしか上がらず、風から顔をカバーしきれない。もっとフードの大きいやつが欲しい~
・ウールのインナーグローブ+オーバーグローブだとテントの張綱を張るときに操作しづらいため、ものすごく手間取る。竹ペグの細引きと張り綱はカラビナで繋ぐようにしたほうがいいな。グローブも一体型(BDのソロイストとか)のがいいんかな?
・テント撤収時に竹ペグをはずしたままテントを放置していたら、突風でテントがとばされた(゜o゜)転がっていくテント、それを追いかける私・・・100mほど転がり、雪の吹き溜まりにおちたので腰までのラッセルしんど~。ポールも無くすし(T_T)
・眼鏡をしたままだとバラクラバの隙間から呼気があたり、曇って前が見えずに危険。眼鏡を外したほうがましですが、周りがボヤァ~としか見えないのでこれは何とかしないと。
・ダブルアックスは便利。ピッケルは1本より2本!

 

平湯温泉前の雪だるま。

西穂山荘前。天気悪ぅ~

西穂山荘前の巨大雪だるま。

元旦の朝。-15度。さむ!

朝6時出発。かすかに踏み跡あり。

ガスで展望悪し。

独標の登り。急斜面ですが、ピッケル+サブバイルでダブルアックスで快適に登れました。(写真は後続のおじさん)

独標で記念撮影(^_^)

テントはメスナーsarasara evo(サラエボ)

2日の朝、再度山頂アタック!

独標とピラミッドピーク?が綺麗に見えます。が、この後独標がガスに包まれたのでまたもや敗退(T_T)

 

テントに戻ります。写真ではわかりづらいですが、すごい強風です。

 

氷の造形美。

みなさん引き返して行きます。

 

山荘近くは晴れていました。

 

 

-冬山登山, 槍・穂高

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

八ヶ岳 阿弥陀岳北西稜、赤岳主稜

明けましておめでとうございます。 2018年最初の山行は、八ヶ岳バリエーションルート 阿弥陀岳北西稜+赤岳主稜に行ってきました。 西高東低の気圧配置でだんだんと天候悪化。1日目の夜に雪がふり、岩に薄く …

残雪期の槍ヶ岳

5月3日~6日、残雪期の槍ヶ岳に登ってきました。 去年の夏に登ったときは雨とガスで風景もなにもなかったので、今度はいい写真が撮れることを期待して行ってきました。 装備は12本爪アイゼン、ワカン、ピッケ …

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜+北稜、赤岳~硫黄岳周回(2日目)

八ヶ岳 阿弥陀岳北稜~赤岳~硫黄岳周回~行者小屋 八ヶ岳阿弥陀岳南稜の2日目。この日は南稜から登頂、ついでに赤岳まで登って行者小屋のテント場まで降りてきました。   おはようございます。元旦 …

落石だらけの堂満岳中央稜

関西では数少ないアルパインルート、堂満岳中央稜。雪がしっかりついていれば登りやすいらしいが・・・   駐車場前。雪なし! 3段堰堤を越える。雪はしっかり締まっている。 落石だらけ・・・ ルン …

六甲紅葉谷~白石谷 氷瀑と氷のオブジェ

クライミングするには寒いので、予定変更して毎年恒例の裏六甲氷瀑めぐり。 同行者が氷瀑を見たことが無いと言うので、裏六甲の主な氷瀑をいろいろ案内する。 マイナールートに入ればプチアイスクライミングも出来 …

スポンサーリンク

profile


ハリティです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターも弾きます。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。