クライミング 六甲 登山

荒地山ボルダーで新シューズを試す

投稿日:2017年3月26日 更新日:

昨日買ったイボルブのシャーマンを試しに、さっそくいつもの岩場へ。

芦屋ロックガーデンから少し入ったところ、荒地山ボルダー群。阪急芦屋川から歩いて30分で登山口、そこから40分とアクセスが良いのでだいたいいつもここで練習することになる(定期があるから交通費もいらないし)日曜日はキャッスルウォールはだいたい山岳会の講習で使われているので、荒地山ボルダーのどこかになりますが、ビッグボルダー、サンデーモーニングもよく使われてるので、最悪どこも空いてなければプロペラ岩、屋根岩ならだいたい空いてるし、道畦谷のほうにも岩場があるようなので練習場所には事欠かない。

梅が終わって桃。桜はまだまだ。

いつもの地獄谷から。昨日今日と講習のグループが多い。連休前でもないのになんでしょうね。

水量はやや多め。

A懸垂岩。今日はだれも登ってませんね。

万物相から。

キャッスルは日曜の午前中はいつも山岳会の講習やってて入れる余地が無いので通過。

岩梯子を通過。

ビッグボルダーは昨日登ったので今日は後回しにして・・・

右の細い道から上へあがる。

いつものベテランさんが初心者講習をやってたので見学。

その後いよいよ新シューズ投入でサンデーモーニングを登ってみる。

テンション掛けまくりでも、なんとかまっすぐ上まで登れた(´д`;)。右のクラックに逃げずに登れたのは初めて。アッセンダー付けてるので後ろから見るとノーテンションで登ってるように見えたらしい(^_^;)

1本だけ登って、あとは右の練習用スラブを何本か登ってみる。ベテランさんの言う左からのルートがどうも登れない。来週の課題。あとサンデーモーニングもノーテンションで登れるようにならないとな。

ビッグボルダーまで下りてきたら人がいたので偵察だけ。

マントル返しの練習場所。

正面のスラブも来週やるか。

つつじの季節ですね。

やっぱりシューズの力は偉大・・・ていうかユルユルシューズで今まで登ってたのが異常やな。ほとんどステルスのフリクションだけで登ってたってことか。

イボルブのシャーマン、底はカチカチでほとんど曲がらないのでベタっとつけることは出来ないけど、まぁそんな状況にはならないので問題なし。スメアは今までのアナサジだと足先グニャっとまげて効かせることが出来たけど、シャーマンはそれが出来ないので常に結晶に乗っている感じ。登り方を変えないといけない部分もあるので、しばらく慣れるまでは簡単なところで練習するかな。

-クライミング, 六甲, 登山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

六甲山バリエーションルート 五助山

五助山~六甲山最高峰~芦屋川 今回初めて五助山を登りました。思ったより道がはっきりしているし、ペンキも付いているので迷うことなく登れました。天気も良いし、気持ちのいい尾根ルートでした(^_^)。 &n …

台風後のハチノス谷

連休の間、延々降り続いた豪雨がようやく止む。が、雨上がりで岩場はびしょ濡れ、沢は濁流と化しているのでどこにいこうか・・・ こんな時は近くのハチノス谷へ。普段水量が少なすぎる谷なので、きっと増水して丁度 …

睡蓮を撮りに芦屋ロックガーデンの横池へ

土日家に持って帰ってやっていた仕事がひとつ片付いたので、昨日からずっと気になっていたスイレンを撮りに芦屋ロックガーデンへ。 普段花はあまり撮らないんですが、ハスとスイレンは自分の中では別格なので、超望 …

裏六甲でちょっとだけアイスクライミング

最強寒波がきたので、今年も六甲山でプチアイスクライミングしてきました。   油こぶしから ケーブル駅になつかしいストーブあり 異国っぽい ガスに浮かぶビル群 百間滝けっこう凍ってる 似位滝も …

六甲全山縦走で限界に挑戦!

須磨浦公園~六甲全山縦走~宝塚折り返し © OpenStreetMap contributors 登山家・故加藤文太郎、通称「地下足袋の加藤」は一日で六甲全山縦走を歩き、その日に歩いて須磨ま …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。