六甲 登山

柔らかいシューズではもう限界、なのでイボルブのシャーマンを購入。

投稿日:2017年3月25日 更新日:

先日常連さんに「そのシューズ大きないか?踵あまってるやん!」と指摘されるまで全然気付かなかったが・・・やっぱりユルユルのシューズじゃ駄目ですね。今まで履いてたファイブテンのアナサジですが、足が痛くないように元々大きめサイズでさらに伸びたので、シューズの中で足の指がまっすぐになってる状態。極小スタンスに立ち込もうにもつま先が曲がって立ち込めない。

でも登れないのを道具のせいにするのもよくない、実力があればどんなシューズでも登れるんちゃうんか?それを確かめるため、再度サンデーモーニングへ・・・

 

暖かくなると人が多くなりますね。

地獄谷も人いっぱい。

水量は少なめ。

A懸も団体さん。

万物相から。

キャッスルも・・・入り込む余地なし!

来たよ~

足元でにゃあ~にゃあ~鳴かれたら無視できへんやん。

キャッスルの上から。

 

 

ブラックフェースの上に、多分知り合い。

ビッグボルダー空いてるな。久しぶりに行ってみるか。

ついてきてるし(^_^;)

ブラックフェースを久しぶりに直登。

知り合いでした。気合いの入った懸垂支点です。

ビッグボルダーへ。

今日も挑戦です!

ここから先、どうしたもんか。左手伸ばしても浅い溝で掛からないから、勢いつけて右手をパーミングするのか?

逆くの字左カンテは一回ロープにぶら下がって、上は全身の摩擦で登りきる。もっとうまいやり方は無いものか・・・右手は溝に掛かるから、左ヒールフックでかき込んで右足スメアでいけるか?

サンデーモーニング。上のボルトの潰れた跡から上が難しい。どうしてもシューズのつま先が曲がって立ち込めない。

シューズ買うか・・・

撤収です。

城山から下山。

さっそく新しいシューズを買いに行きました。

条件は、

①きつめのサイズで、履いた時にシューズの中で指がきゅっと曲がってるぐらいのきつさ。

②ターンインは足の形的にダメなので、ターンインしていないこと。

③堅めのソール。

④ややダウントゥしている。

で、夕方近所の好日に行って物色。石井スポーツはどうもファイブテン以外は種類がすくなかったので。

店員さんにエッジングのシューズでおススメを聞くと、やっぱりミウラーを進められる。でも知ってる人が履いてるので被るのはいやなので・・・候補はイボルブのシャーマン旧モデルと、OCUN(オーツン)のオゾンプラス。オゾンプラスはチェコ産らしく見た目がすごい格好良かったんですが、横の締め付けが異常にキツく、これを履いてとても登れないと思い断念。足の甲部分がゴムで覆ってるから伸びないだろうし。カッコよかったんですけどねぇ。

で、シャーマン。旧モデルで安くなってたのと履き心地の良さで買っちゃいました(^_^)

クライマーのクリス・シャーマが開発に関わったらしい。

ソールはビブラムかと思ったら、オリジナルのゴムらしい。ビブラムよりもべたついて滑りにくそうで、しかも堅い。

ややダウントゥしているが、ターンインしていないので足にやさしい。これがスポルティバのミウラーだとギューンとカーブしてるので指が折れそうになる(T_T)

ヒールの形も足にぴったりあうのでヒールフックも効きそう。

当然ながら今まで履いてたシューズと比べてかなり足が痛いですが、前にやったリンスをお湯に溶いてつけるのはやっぱりやめたほうがいいらしい。そらそうやろな。今回は地道に履いて伸ばすか。

 

-六甲, 登山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

六甲全山縦走で限界に挑戦!

須磨浦公園~六甲全山縦走~宝塚折り返し © OpenStreetMap contributors 登山家・故加藤文太郎、通称「地下足袋の加藤」は一日で六甲全山縦走を歩き、その日に歩いて須磨ま …

摩耶東谷~掬星台~三枚岩

沢ヤの人達と、久しぶりの沢登り。 摩耶東谷。思ったより滝が多くおもしろいルートでした(^_^) さすがに中央突破は冷たいので・・・ 高巻く ゴミが多いのには目をつぶる お掃除ごくろうさまです また滝 …

六甲山 奥高座の滝の奥へ

芦屋地獄谷~奥高座滝~荒地山 前から気になっていた、奥高座の滝を登ってきました。下から見たら何やしょぼい滝やな~と思っていましたが、登ってみると3段の立派な滝であることがわかりました。反省点として、高 …

烏帽子岩でクライミング練習

なぜか今まで一度も行ったことがなかった烏帽子岩。某山岳会の人と行って来ました。 今まで練習といえばキャッスル、堡塁岩ばかりでデシマルグレードの岩は慣れていないので難しく感じるが、おもしろい!これからも …

夏本番、猛暑の荒地山へ・・・

梅雨も明けて夏本番、一番暑い季節になりましたが、いつものように荒地山へ。 今回は相方も一緒。   朝の芦屋川。まだ涼しい。 地獄谷へ下りて、左のガレ場を登るとすぐにゲートロックの崩壊地へ。 …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。