南アルプス 登山

南アルプス 北岳の紅葉

投稿日:2012年10月22日 更新日:

 

10月5日~8日、南アルプス北岳登山の記録。

5日仕事から帰ったあと急いで準備をして、大阪あべの橋の高速バス乗り場へ。
6日朝、山梨県甲府に到着。そこから別のバスで広河原へ。

広河原山荘からしばらくは沢沿いに歩く。

さすが南アルプス、もう紅葉が始まっている。

北岳肩の小屋に到着。
昼間は天気がよかったのに、この時はすっかりガスの中。

 

 

テントを張って昼飯を食べたあと夕方ぐらいから頭が痛くなり、テントの中で横になっていても頭痛と吐き気が・・・
これが高山病か・・・
トイレで出すもの出したらスッキリしたので、写真も撮れるような天気じゃないので
とりあえずテントの中で明日の予定を考えながら就寝。

夜、強風でテントが揺さぶられ、雨に降られる。テントに当たる雨音が、パラパラ・・・
からパサパサ・・・という音になるのですぐに雪に変わったとわかる。
今回テントを新しくメスナーサラサラ1~2人用に変えたが、さすが結露は無し。今までのモンベルドームシェルターだったら結露した水滴が降り注ぎ、テント内で雨が降っていたはず。
ただ、大分狭くなった(長辺で10cm、短辺で50cm)ので、片付けとかないと寝る場所が無くなる。
それと天井からランタンを吊り下げれないので、これも不便といえば不便。

朝。気温2度。テントの周りに少し雪が残っている。

 

雪と紅葉。

 

雪と岩場の中、北岳山頂を目指す。

北岳山頂。

 

さらに南へ向かう。

北岳山荘。

さらに南へ、間ノ岳を目指す。少し雨が降り出す。

間ノ岳山頂。展望は真っ白・・・

帰り道、雷鳥がうろうろしていたので、動画を撮る。

悪天候の中、少しだけガスが晴れ、山が頭を出す。

テントに戻り、夕食を食べ終えてしばらくするとなにやら外が騒がしいので、外に出てみると、いつの間にかガスが晴れ、なんとブロッケン現象が!

今日1日写真が撮れなかった分、ここぞとばかりに撮りまくる。

空は満天の星。

 

翌朝、4時半。テント内の気温マイナス2度。外はマイナス4度ぐらいか?
日の出を撮るため北岳山頂を目指す。

そして御来光。

富士山のシルエットがはっきり見える。

富士山の影?

甲斐駒ケ岳?

8時、テントを畳んで撤収。

 

広河原山荘に戻ると少し時間があったので、300円のシャワーを浴びてスッキリ。
帰りはJR特急と新幹線で、大阪まで4時間半ほど。高速バスより高くつくが、楽でいい。

-南アルプス, 登山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

六甲山紅葉谷 七曲滝の氷瀑~白石谷

先週ちょっと寒くなったので、氷瀑出来てるかな~と思って行ってきましたが、まだまだでした。でも似位滝、白竜滝の氷のオブジェ、ツララはなかなかのものでした。道は雪が踏まれて堅くなり滑りやすいので、軽アイゼ …

ツェルトの防水対策

前回の大峯奥駈道の2日目で雨に降られ、一晩中横殴りの霧交じりの風がツェルトに吹き付け、中までぐしょぐしょ、着ていたダウンもびしょ濡れに。前回雨に降られたのはたしか5年以上前に氷ノ山の山頂だったが、その …

武奈ヶ岳へスノーハイク

2年ぶりの武奈ヶ岳。前回はワカン無し腿までラッセルで敗退したけど、今回はしっかりワカン+軽アイゼンで登ってきました。でも雪が少なかったので12本爪アイゼンでも行けたかも。 天気が良かったので、見晴らし …

大峯奥駈道縦走(吉野~熊野本宮) 前半

© OpenStreetMap contributors 関西人なら一度は行っとかなと思っていた「大峯奥駈道」。通常は6~7日ほどの行程になりますが、今回休みの関係で3泊4日でなんとか歩き通 …

道畦谷北尾根(六甲芦屋)、気持ちのいい尾根歩き

六甲芦屋のバリエーションルート、先週の道畦谷中俣に続いて今回は道畦谷の北尾根から登ってみました。芦屋地獄谷よりも面白いルートですね。登りきった上には荒地山ボルダーもあるのでそのまま練習できるし、こんな …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。