六甲 沢登り

自作わらじのテストで芦屋地獄谷上流へ

投稿日:2016年2月20日 更新日:

明日はギターの録音会があるので山に行けないので、雨の中自作わらじのテストをしてきました。
先週はナイロン製のわらじでヌルヌルを登ってみたところ効果がいまいちだったので、今回は材料を綿ロープ、藁縄に変えてテストしてきました。
わら縄は、やっぱり本家本元、わらじの本領発揮でヌルヌルでも滑りにくい(多少は滑る)感じでした。綿ロープのほうは多分ふつうの登山靴と比べたら滑りにくいんだろうと思いますが、地下足袋が有能過ぎるのでそれと比べると見劣りするという結果です。(あくまで個人の感想です)
で、わら縄の地下足袋ですが、ヌルヌルのところでは通常ヌルッ!と滑るのが、ズズズ・・・と滑るので多少安心感がありますが、藁の厚みがあるので細かいスタンスに立ちにくいし、クラックにつま先を突っ込むときにどうかな~という感じなので、もっと薄くて滑りにくい素材でないと駄目ですね。
理想のわらじへの道のりは、まだまだ遠そうです・・・

 

ジョウビタキの雄。このあたりにいつもいます。

高座の滝。早くも雨が降ってきました(T_T)

地獄谷から。水量は普通。

今日はA懸に行かずに上流へ。

小滝を登っていく。

2段の滝。1段目は直登。

2段目。あの斜めに走るクラックにカムを突っ込んで、あそこで足を突っ張ってハーケン打ち込んで・・・と妄想するも、今日は何も持ってきていないので右から高巻く。

ヌルヌルのところがあったので、ここでわらじのテストをします。

右足に藁縄のわらじ、左足に綿ロープのわらじを装着。

ズズズ・・と滑ります。石の表面を磨いてるみたい。

綿のほうはズルっといきます。

良い感じのヌルヌルです。ここ直登します。

綿ロープは・・・ちょっと期待外れやなぁ。地下足袋と変わらん。

わらのほうは、ズズズと滑ります。こんなもんやろなぁ。

水量が減ってきました。

流れが無くなったところで、右の踏み跡に入ります。

風吹岩の裏に出ました。

こんな天気なので誰もいません。

風吹岩の猫1匹目。雨の中ご苦労さんです(^^)

2匹目。警戒心が強そう。

もう煮干し無いねん。すまんな。

3匹目。

4匹目。遠い。

高座の滝に戻ってきました。

履いていた時間は30分ほどですが、綿ロープはキレイなもんです。わらのほうは多少毛羽立ってますが、まだまだ使えそうです。

 

-六甲, 沢登り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

石楠花谷(裏六甲)で沢登り

9月になってちょっと涼しくなりましたが、まだまだ暑いので2週連続で裏六甲の沢登りです。大池地獄谷とどっちにしようか迷いましたが、今回カメラの防水テストもしたかったので泳ぎのある石楠花谷に行ってきました …

大峰の沢登り 上多古川支流(上谷、地蔵谷)~山上ヶ岳の紅葉

木曜の夜、窓全開でシャツ1枚で寝てしまい若干風邪気味ですが、まぁ運動して汗かいたら治るやろと思い、朝早くから大峰の沢へ。 年内にもう1本大峰の沢をやっときたくていろいろ探し、さすがに寒くなってきたので …

芦屋地獄谷~キャッスル~荒地山周回(地下足袋で)

記念すべき初めての地下足袋登山。いつもの地獄谷~キャッスルウォール~荒地山コースを登ってきました。 今回試した地下足袋は「力王たびファイター」ワークマンで税込1800円ぐらい(安!!)ソールがべたべた …

百丈岩 中央稜右クラック+左ルンゼ

またまた百丈岩でマルチピッチクライミング。 前回やり残した中央稜(ローソク岩)の左ルンゼ、右クラックと、東稜のハングを寒くなる前にやってしまおうということでやって来ました。 まずは下部岸壁をサクッと登 …

荒地山ボルダー+キャッスルウォールでいつものクライミング練習

芦屋川~地獄谷~キャッスルウォール~荒地山ボルダー 天気予報では晴れのはずが、晴れたり曇ったりの忙しい天候。天気が悪いとどうもやるきが出ない。久しぶりにキャッスルへ。たまには簡単なところも登っとかない …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。