八ヶ岳 冬山登山

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜+北稜、赤岳~硫黄岳周回(2日目)

投稿日:2017年1月1日 更新日:

八ヶ岳 阿弥陀岳北稜~赤岳~硫黄岳周回~行者小屋

八ヶ岳阿弥陀岳南稜の2日目。この日は南稜から登頂、ついでに赤岳まで登って行者小屋のテント場まで降りてきました。

 

おはようございます。元旦の朝、気温は暑くもなく寒くもない。
晩御飯にペミカン入れ過ぎて胃もたれしてます(´д`;)

日の出直前でガスが・・・(T_T)残念ながら初日の出は撮れず。

防寒テムレスです。マイナス10度~15度ぐらいならこれ+インナーグローブで十分。

アイゼン、ダブルアックスを装着して出発。

P2も左から巻く。直登出来そうですが、まだこの先どれぐらい行程あるかわからない時間掛けたくないのでパス。

P3はガスの中・・・

P3基部をトラバースして降りて行くと・・・

ほーこれがP3ルンゼの取り付きか。最初の1mほど垂直ですが、ワイヤーも付いてるので安心。ちなみにこの取り付きから下も急斜面なので、落ちたらどこまで落ちるのかわかりません(笑)

ここ登るときにバランス崩してワイヤーにぶら下がってしまった・・・ワイヤーが無かったら落ちてたかもと思うとちょっと情けない。もしワイヤー無かったらと考えると、やっぱりハーケン+ハンマーもいるなぁ。

このルンゼが長いんですわ(´д`;)100mぐらいあるんかな?重いザック背負ってなので余計にしんどい。足のつま先も痛いし、途中何回も休憩しながらなんとか登りきる。休憩って言っても休める場所なんかないので、アックスをしっかり刺せる場所でアックスにしがみついて息をととのえるだけ。完全に凍ってて刺さらないところも3か所ほどあって、氷の上部にアックスをさして乗り越える。

登りきると目の前にP4と山頂が!あと少しや~

雲に浮かぶ赤岳。かっこええなぁ~

P4のトラバース。ちょっと怖い。

振り返ると富士山が。

自撮り(シルエット)。

雪庇。踏みぬいたら終わり。今回晴れてたけど、もしガスで見えない場合知らずに乗ってしまうかもしれない。やっぱり一回夏に来て、ここは切れ落ちてるから雪庇になるかもっていうシミュレーションしとかないといけないな。

阿弥陀岳に到着~。

自撮り。目つむってしもた。

中岳に下りる道もかなりの急傾斜。

中岳の登り。

なんか良い感じの雪。

赤岳に到着~。

下ります。

赤岳展望荘。

地蔵。

地蔵尾根を下る。

行者小屋のテント場まで来ました。

さっそくツェルトを張る。

張った後で気づいたけど、頭側が若干低かったので、寝るときは入り口側を足にして寝ました。それでも寝てると体が足側にずれてきて寝にくかった(^_^;)

労働の後の一杯は最高!

夕陽に染まる横岳。

 

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜 1日目はこちら

八ヶ岳 阿弥陀岳南稜 3日目へ続く・・・

-八ヶ岳, 冬山登山

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

西穂高岳(独標まで)

あけましておめでとうございますm(__)m。2015年最初の登山はテン泊2泊で西穂高岳独標(2701m)まで。 冬山フル装備+ロープ(30m+20m)+懸垂下降の道具やらで約26kg。ロープは使わんか …

六甲紅葉谷~白石谷 氷瀑と氷のオブジェ

クライミングするには寒いので、予定変更して毎年恒例の裏六甲氷瀑めぐり。 同行者が氷瀑を見たことが無いと言うので、裏六甲の主な氷瀑をいろいろ案内する。 マイナールートに入ればプチアイスクライミングも出来 …

六甲山紅葉谷近くでちょっとだけアイスクライミング

関西でアイスクライミングが出来る場所といえば御在所岳、大峰のシェークスピア等が有名ですが、そこまで行くのが面倒くさい、泊りになるので時間的に厳しい、交通費が掛かるといったもろもろの理由(要するに根性が …

冬のダイトレ散歩

初めてのダイトレ。で、2回目の金剛山。 景色の変わらないハイキング道。やっぱり岩場がないと面白くない(>_<) 霧氷はキレイでした。 お寺。 犬。 かまくら。 ちっさ! お不動さんも雪かぶ …

堂満ルンゼでラッセル地獄

前回ラッセルしたのは、数年前に西穂高岳に行ったとき(天候不良で敗退) 去年の年末にアルファルンゼに行ったが、そんなにガッツリというほどでもなかったので、ラッセル訓練で有名な堂満ルンゼでいやというほどラ …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

最近の投稿

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。