六甲 沢登り

芦屋奥高座の滝で沢登り。後半はキャッスルへ

投稿日:2017年5月14日 更新日:

GWの遠征も終わったけど、まだ若干疲れが残ってるので近場をぶらぶらしたい気分。で、暑いので水にも入りたい気分。そんなときは、奥高座の滝直登ルート。
いつもはチョロチョロの滝ですが、今日みたいな雨上がりの日はそこそこ水量が増えてそこそこの緊張感。全体で高低差20mぐらいありますが、3段になってるので落ちても死ぬことはない(はず)。全面的にヌルヌルなので沢靴かワラジ必須。まともな中間支点は取れないので、フリーで一気に上まで抜けるのが爽快です。
そのあとはキャッスルへ。常連さんとそのお仲間達が練習中。自分もちょっとだけ登らせてもらいました。あの難しいところはいつになったら登れるのか・・・たぶん、タイミングと度胸と、そういうのでいけそうな気がするけどなぁ。

 

久しぶりの芦屋川から。

地獄谷から行きますよ。

水量は少し多め。昨日雨降ったからなぁ。

小便滝の看板が復活してました。今までどこいってたんや?

緑がワサワサして見るからに蒸し暑い。

誰が付けたのか知りませんが、赤テープ沢山ありましたね。

万物相から。

はい、来ました。奥高座の滝です。昨日の雨で増水してます(^^)

わらじを装着。

ヘルメット、ゴーグルを装着。

まずは1段目。段々になってて楽勝ですがけっこうヌメッてます。

2段目。左端を抜ける。

2段目と3段目の中間テラス。

3段目。右から登って真ん中で左にトラバース、そのまま上へ。

なにかの粘膜に覆われてるのかと思うぐらい、ヌルヌルゥ~です。

落ちたら誰も助けてくれないので慎重に~

滝の落ち口。

で、シダ地獄へ・・・

この時季クモの巣地獄でもあるので、右上へ逃げます(T_T)

踏み跡に出るので下ります。

このままキャッスルへ直行できますが、わらじを洗いたいので奥高座の滝の高巻き道を下りる。

実際、滝を登るよりもこの高巻き道の下降のがキケン(~o~)雨上がりなのでよく滑る。

戻ってきました~

キャッスル前の凶暴なヤツ。今日はなにも持ってへんのやわ。

常連さんです。キャッスルも昨日の雨で少し湿っていましたが、昼前から日が差してきて乾き、快適に登れました(^^)

いつもの場所から。いつも思うけど電線が邪魔・・・

ロックガーデンの下り、登りの団体さんと下りの団体さん数パーティーで大渋滞(^_^;)

お疲れ~

JR六甲道の「灘のだんじり祭り」で知り合いが店出してるので、顔出してきました。

縁日なので、久しぶりに酒を。大黒正宗の生酒。これ2杯とビール1杯でいい気分に。弱くなったなぁ。酒のあてはたこ焼き。

だんじり。

 

-六甲, 沢登り

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

百丈岩 中央稜右クラック+左ルンゼ

またまた百丈岩でマルチピッチクライミング。 前回やり残した中央稜(ローソク岩)の左ルンゼ、右クラックと、東稜のハングを寒くなる前にやってしまおうということでやって来ました。 まずは下部岸壁をサクッと登 …

ハチノス谷(六甲)で大滝登攀

1年に1回か2回、突然やる気になる「ハチノス大滝登攀」。そして返り討ちにされる・・・ ハチノス大滝、高さ約20m、上部のハングより上が10mほどあり合わせて30mぐらい。3段に分かれ、全面ヌルヌル。1 …

岡本バットレスのハングに完敗。

岡本バットレス~打越峠~芦屋ロックガーデン バットレス:建築用語で控壁。壁に加わる横方向の力に対して、転倒を防ぐために壁から突き出した状態の補強用の壁。 2年ほど前に、岡本バットレスというところがある …

六甲山バリエーションルート 五助山

五助山~六甲山最高峰~芦屋川 今回初めて五助山を登りました。思ったより道がはっきりしているし、ペンキも付いているので迷うことなく登れました。天気も良いし、気持ちのいい尾根ルートでした(^_^)。 &n …

六甲山バリエーションルート ハチノス谷でソロクライミング練習

ハチノス谷でソロクライミング練習~長峰山~摩耶山 先週芦屋ロックガーデンで、何度かご一緒させていただいたベテランさんにハチノス谷の情報を教えて頂いたので、 さっそく行ってきました。 これぞ山登り!とい …

スポンサーリンク

profile


ハリーです。
ほぼ毎週六甲山を地下足袋でうろうろしてます。
ハイキング、沢登り、クライミング、トレランなど、色々やってます。
クラシックギターはぼちぼちです。

スポンサーリンク

リンク集

リンク集

えれぇこった!えれぇこった!hiro日記Ⅱ
bp-hiroさんのブログ。登山道具のプレビューなどとても参考になります。登山ガイドもされてます。